■トップページ
■受験生の方へ

学科長より

機械工学科の特色

アドミッション・ポリシー

支援体制

入試情報

■在校生の方へ

時間割

学習・教育到達目標

シラバス

学生生活・Q&A

■教育内容

JABEEについて

専門科目

資格

就職・進学

■研究内容

研究分野とテーマ

■職員の紹介

機械物理学講座

機械ダイナミクス講座

システム設計講座

ロボティクス福祉工学講座

技術・事務系職員

アクセス

関連リンク

学習・教育到達目標

秋田大学工学資源学部機械工学科では、機械に関する基礎知識を備え、社会の変化に柔軟に対応し、自立心をもち、地域社会に貢献できる人材の養成を目指しています。この目的のために、以下の(A)〜(E)に定めた学習・教育到達目標の知識や能力が学生諸君に身に付くように、入学から卒業までの学習環境と教育体制を整備しています。各目標に対応する科目は、「◎:特に重要な科目、○:重要な科目」です。



(A) 教養と倫理観

(A)−1 文化、法律、経済など、社会人として必要な知識と教養を身につける。

教養教育科目( ○ ) : 「現代社会」、「人間と文化」、「科学の探求」、「生活と保健」、
「地域社会」、「技能の活用」、「スポーツ文化科目」の各分野

専門教育科目( ○ ) : 「ボランティア参加」、「インターンシップI、II」

(A)−2 技術者倫理を身につける。

専門教育科目( ◎ ) : 「ものづくりの倫理」

( ○ ) : 「技術史」、「鉱業史」、「福祉社会論」、「環境科学」

(B) 科学の基礎知識

(B)−1 数学、物理学、化学など、工学に必要な基礎知識を身につける。

基礎教育科目( ◎ ) : 「基礎数学I〜V」、「基礎物理学I〜III」

( ○ ) : 「基礎化学I〜III」

専門教育科目( ◎ ) : 「工業数学I」、「工業数学演習」、
「ものづくりの確率統計・品質管理」、「応用数学」

( ○ ) : 「工業数学II」、「応用電気磁気学」、「確率統計」、「計画数学」

(B)−2 コンピュータの基礎知識を身につける。

基礎教育科目( ◎ ) : 「情報処理の技法」

専門教育科目( ○ ) : 「情報処理工学」、「計算機援用工学」、「計算力学」

(C) 機械工学の専門知識

(C)−1 機械工学の基幹をなす、材料力学、機械力学、熱力学、流体力学の各力学と制御工学の知識を身につける。

専門教育科目( ◎ ) : 「メカニズム」、「材料力学」、「熱力学I」、「流れ学」、
「固体力学」、「流体力学」、「制御工学I」、「機械力学I」、
「機械技術演習」、「伝熱工学」、「ロボット工学」

( ○ ) : 「熱力学II」、「機械構造力学」、「制御工学II」、「機械力学II」、
「ディジタルコントロール」、「システムデザイン」

(C)−2 機械工学の応用分野に関する知識を身につける。

専門教育科目( ◎ ) : 「機械材料工学」、「熱エネルギー変換工学」、「福祉工学」

( ○ ) : 「エルゴノミック・デザイン」、「スポーツ工学」、
「バイオメカニクス」、「医療工学」、「交通工学」、
「ナノテクノロジー」、「機械強度学」、「物質環境移動論」、
「流体機器学」、「熱環境工学」、「真空システム工学」

(C)−3 実験、計測、加工に関する知識と手法を身につける。

基礎教育科目( ◎ ) : 「基礎物理学実験」

専門教育科目( ◎ ) : 「機械実習」、「機械加工プロセス学」、
「センサ・アクチュエータ工学」、「機械工学実験」

( ○ ) : 「機械計測工学」、「電気工学概論」、「生産システム学」、
「電子工学概論」、「計算機システム概論」、「加工プロセス学」、
「確率統計」、「計画数学」、「材料プロセス学」

(D) エンジニアリングデザイン能力

(D)−1 設計と製図に関する能力を身につける。

専門教育科目( ◎ ) : 「機械製図」、「設計製図I、II」、「機械設計学」

(D)−2 課題を自主的に解決できる能力を身につける。

専門教育科目( ◎ ) : 「創造工房実習」

( ○ ) : 「ものづくり基礎実践」、「プロジェクトゼミ」

(E) コミュニケーション能力

(E)−1 日本語による文章作成とプレゼンテーション能力を身につける。

教養教育科目( ◎ ) : 「初年次ゼミ」

専門教育科目( ◎ ) : 「外国文献講読」、「研究プロポーザル」、「卒業課題研究」

(E)−2 外国語によるコミュニケーション能力を身につける。

教養教育科目( ○ ) : 「国際言語科目」分野

専門教育科目( ○ ) : 「機械英語演習」、「テクニカルコミュニケーション」



Copyright(C) Dept. Mechanical Engineering, Akita Univ.