■トップページ
■受験生の方へ

学科長より

機械工学科の特色

アドミッション・ポリシー

支援体制

入試情報

■在校生の方へ

時間割

学習・教育到達目標

シラバス

学生生活・Q&A

■教育内容

JABEEについて

専門科目

資格

就職・進学

■研究内容

研究分野とテーマ

■教職員の紹介

機械物理学講座

機械ダイナミクス講座

システム設計講座

ロボティクス福祉工学講座

技術・事務職員

アクセス

関連リンク

学科長よりみなさまへ

 
 秋田大学工学資源学部機械工学科では,機械に関する基礎知識を備え,社会の変化に柔軟に対応し,自立心をもち,地域社会の向上に貢献できる人材の養成を目指した教育を行うとともに,人間・自然・機械の共存を図るべく,人と環境にやさしいものづくりを目指した研究を行っています.

  具体的には,学科内における4つの大講座のもとで,それぞれ以下のような教育・研究が行われています.

@機械物理工学講座 
 機械についての機構・力学,その他物理的な基礎論などを対象として,機械工学と物理学の接点である領域,さらには弾性体の解析などに関する研究を行い,材料力学,メカニズム,固体力学などの教育を行っています.

A機械ダイナミクス講座
 多様な環境における熱やエネルギー循環に関する工学などを対象として,機能材料の力学的特性解析,熱と物質の複合移動など複合領域に関する研究を行い,熱環境工学,流れ学,機械力学などの教育を行っています.

Bシステム設計
講座
 機械システムを設計・製作するための基礎的な技術などを対象として,システム設計に必要な要素技術,機械加工・製作のための機械設計工学に関する研究を行い,機械材料工学,生産システム学,制御工学などの教育を行っています.

Cロボティクス・福祉工学講座
 人にやさしい福祉介護機器の設計開発などを対象として,福祉介護機器の設計開発や人間の力学的問題に関する工学の諸問題の研究を行い,ロボット工学,スポーツ工学,福祉工学などの教育を行っています.

 このように,機械工学科における教育・研究は多岐にわたります.学生諸君には卒業までの4年の間に少人数の教育・研究体制のもとで,工学系分野に関わる様々な先端技術を学んでもらい,将来,国内はもとより国際的にも活躍できる技術者・研究者を育成することが我々の使命であると考えています.皆さんが,秋田大学機械工学科で目標をもって学び,卒業後に必ずや自分の夢をかなえるものと教職員一同期待しています.
 なお,機械工学科は,平成18年度に日本技術者教育認定機構(JABEE)による審査を受け,平成19年度より機械および機械関連分野の教育プログラムとして認定されております.この認定は,本機械工学科で行われている技術者教育が社会の要求する国際的な水準を満たしていることを保証するものです.卒業生は国家資格である技術士の一次試験が免除され,技術士補の資格を有することになります.


平成27年度 機械工学科 学科長

Copyright(C) Dept. Mechanical Engineering, Akita Univ.