■トップページ
■受験生の方へ

学科長より

機械工学科の特色

アドミッション・ポリシー

支援体制

入試情報

■在校生の方へ

時間割

学習・教育到達目標

シラバス

学生生活・Q&A

■教育内容

JABEEについて

専門科目

資格

就職・進学

■研究内容

研究分野とテーマ

■教職員の紹介

機械物理学講座

機械ダイナミクス講座

システム設計講座

ロボティクス福祉工学講座

技術・事務職員

アクセス

関連リンク

機械工学科の特色

1.機械工学科の沿革


 機械工学科は,明治43年3月に秋田鉱山専門学校が創立後,採鉱技術の進歩や時代の要請により昭和4年4月に鉱山機械学科として誕生した。当時は鉱山資源の採掘を支援するために貢献するという限られた分野のものであった。 昭和24年5月に我が国唯一の秋田大学鉱山学部の昇格に伴い,機械と電気の両方の知識を兼ね備え,柔軟に対応できる技術者を育成するために鉱山電機学科が設置された。当時としては現在の学際的な学問の発展にも通じるような画期的な組織形態であった。その後,機械と電気の学問や技術の発展と共にそれぞれが扱う領域が急速に拡大したために,昭和34年4月に鉱山電機学科は,鉱山機械学科と鉱山電気学科に分離して,それぞれの学科が教育・研究の充実を図ることとなった。当時より選鉱機械や水力機械など,資源,環境,エネルギーを特色とする学科として発展した。 昭和39年4月に鉱山機械学科を機械工学科と改称した。我が国の資源,環境,エネルギー学の基礎と応用研究を担える人材を育成するために,昭和40年4月に鉱山学研究科(修士課程)が設置された。その後,急速な経済発展に伴って機械技術者が不足するようになり,昭和52年4月に機械工学科に加えて生産機械工学科が新設され,機械系はそれぞれ定員が40名の2学科規模で進むこととなった。平成3年には学生定員は保ちながら両学科が再編され80名定員の機械工学科となり,その後平成8年には,3年次編入定員10名が加わり卒業時の定員は90名となった。平成6年4月には鉱山学研究科に博士後期課程が増設された後,平成10年4月に鉱山学部が工学資源学部に改組され現在に至っている。 以上のような再編・分離や改組を経ながら機械工学科の教育・研究内容も充実してきた。我が国の高度成長の原動力となっていた産業を根底から支える学科である。


2.修了生の進路と育成する技術者像,学習・教育目標の特徴

 本機械工学科は,創設の初期においては,資源の開拓からスタートしているため,各種重機,工作機器,機械加工機器,エネルギー機器の研究教育に重点がおかれ,そのような企業の研究・開発や設計,製造に携わってきた。また,特に製造,開拓の現場の先端でたくましく活躍する技術者の育成,すなわち華やかではないが下積みでもくじけない粘り強い,現場で発生する問題に柔軟に対応する資質が育成された。時代は変わっても,そのような粘り腰の技術者を育成しようとの気風は,教員と学生にも校風として強く反映している。資料で示したように就職先として重工業,エネルギー機器,鉄鋼,各種機械製造メーカが多いのはこのような理由による。  時代は変わって,資源の開拓による環境汚染の反省点を踏まえ,「自然環境を大切」にし,エコロジーの観点から「人にやさしい技術」にも注目するようになった。その結果,単なる機械ではなく,環境と人間を見据えたプログラムへとシフトして行った。教育目標の(B)で示した「人と環境にやさしいものづくり」は,まさに当プログラムの歴史的な当然の帰結であった。現在,本機械工学科では,人と環境を良く知る技術者の育成を目指し,多くの卒業生が機械そのもの産業分野ばかりでなく,電気産業やIT産業ならびに各種ソフトテクノロジーやサービス産業へと進出するようになった。人と環境をよく知る技術者を育成するために,目標の(A)と(B)を設定した。  さらに,修了生により幅の広い知識を持たせ,さまざまな分野に柔軟に対応できるように,物理専門家による物理の基礎と最先端技術に関する学習を加えて,幅の広い技術者を育成する。


3.関連する他の教育プログラム(関連学科,関連コース等)との関係

 本機械工学科は,全体がJABEEコースであるとともに,独立したカリキュラムとなっているので,特別な関連学科や関連コースは存在しない。  尚,当プログラムが許可された場合,本学部の他の教育プログラム及び他学部において開講されている専門教育について8単位まで卒業に必要な専門教育科目に含めることができることになっている。


4.カリキュラム上の特色

本機械工学科では,材料力学,流体力学,熱力学,機械力学の基礎力学が充実しているのが特徴である。これら基礎科目をベースにして先端応用科目を構築して基礎と応用に柔軟に対応できる機械技術者を育成することを基本理念にしている。本学科の特色のひとつである創造工房実習は,与えられた課題に対して学生自らが発案して独創的な機器を製作して,プレゼンテーションやコンテストを開催している。報道機関を通じて公開され小・中・高学生の関心を集めている。 秋田県は高齢化が特に進んでいるために,高齢化社会への移行に向けて「人と環境にやさしいものづくり」をキャッチフレーズに教育・研究の目標を掲げている。秋田大学医学部や秋田県工業技術センターとの共同研究により,介護福祉機器の研究開発を行うと共に,これらを担う人材の育成を行っている。そのため,福祉工学やロボット工学などの先端科目をいち早くカリキュラムに組み込んで学生の関心を集め勉学意欲を鼓舞している。県内外の医療・福祉機器メーカーとの共同研究を進めており,地域産業の育成にも貢献している。今世紀は環境の世紀とも言われている。風力や地熱などの自然エネルギー活用や氷蓄熱による省エネルギー等の教育・研究も寒冷地で貢献してきた当学科の得意とするところであり,地域との連携を通じて社会に貢献している。最近の技術の進展はめざましく,技術革新ともいわれるナノテクノロジーに関しても,当学科の若手教員による教育研究が行われている。分子レベルでの超精密測定法や精密観察を民間との共同研究を通じて積極的に連携するなど,精力的に活動を行っており機械工学の発展に寄与している。


5.その他の特色

 機械工学の基礎科目としての物理教育が充実していることも当学科の特色である。当学科では,機械物理工学講座を有し原子核理論,強磁場物理工学などの物理専門家がいることから,幅広く深い基礎物理の教育を行っている。 また,その他の講座の教員が協力することにより,基礎物理学と基礎物理学実験を学科内の教員で教育していることは特色である。


Copyright(C) Dept. Mechanical Engineering, Akita Univ.